読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教習の続きとか

 

クラッチだのチェンジペダルの操作は始めこそ戸惑ったものの、慣れれば余裕。坂道発進もコツさえつかめばエンジン音の変化で発信できるかどうかわかりますし、スラロームも普段自転車で慣れていた僕には簡単で、あっという間に第一段階が終わり、見極めも一発で合格、学科教習も教習所の対策アプリを使って対策しまくっていたため、制限時間30分のところを10分で終え、一問間違えただけでした。

 

で、第二段階は一切手間取ることもなく、規定の時間数で教習を終えれました。卒業検定は教習で初めての雨模様で、急制動の制限が一段緩いものに設定されていました。まあでも初めての湿潤路面だったので案の定スリップしかけまくりでした。でもって最後に急制動をしたんですが、普段の癖で乾燥路面の停止線で止まろうとして案の定スリップと相成りました(笑)

 

でどうなったかというと、足で無理やりバイクを支えて転倒することもなく卒業検定を無事に終えました

なんで脚をとっさに出せたかというと、普段丸坊主のタイヤを吐いた自転車に乗っているせいで雨が降っているときには減速に合わせて靴を路面に押し付けているんです。

まあそんなかんなで無事教習所を卒業して免許を取得しました。